合宿免許で免許と一緒に恋人もゲット

合宿免許を利用すると、約2週間の間はある程度限定された環境で生活を送ることになります。


日中は実技講習および学科講習を上限まで受け、そのあとは指定の宿泊施設で時間を過ごすという感じです。



宿泊施設に関してはビジネスホテルのような場所を利用する場合もありますし、旅館や民宿といった場所を利用する場合もあります。


どちらの場合にも言えることですが、周辺にはあまり時間をつぶせるようなスポットもないことが多いこともあり、同じように合宿免許に参加居ている人たちと交流を持つ時間が必然的に増えやすい環境になってきます。
合宿免許を利用するのは18歳になったばかりの学生から社会人、定年退職後の人まで非常に様々な年代・性別の方がいます。

普段通りの生活を送っていたとしたら絶対に関わりを持つことのない人たちと交流を持つ機会があるということは、当然「新しい出会いのチャンス」でもあるわけです。



何も異性との出会いに限定したことではありませんので同性の友人を見つけるチャンスでもありますが、事実として恋人や生涯の伴侶と合宿免許を通じて出会ったという人は意外なほど大勢います。

何を目的に利用しているのかという本懐をはき違えてしまっては本末転倒ですが、せっかくの貴重な時間をより有意義なものとする意味では「出会い」は非常に大きな魅力と言えます。期間や費用面でも魅力の多い合宿免許ですが、実は思わぬ副産物にも期待が持てるという点も含めて人気の理由となっているようです。

免許合宿に関する疑問を解決いたします。