様々な場所に置かれているウォーターサーバー

ウォーターサーバーとは自宅やオフィスなどに置くことができるタイプの飲料水が出てくる機械です。

タンクが上についていて、その下には押すと水が出てくる装置が付いています。

タンクの中にはミネラルウォーターが入っています。

電源をつなげることで、水だけでなくお湯も出すことができます。

その上、よく冷えた水も出てきます。その場合は蛇口が二つ付いています。

青い蛇口をひねると冷たい水が出てきて、赤い蛇口をひねるとお湯が出てきます。



横には紙コップを収納する器具も付いていて、飲む際に紙コップを引っ張り出すことができます。

オフィスや病院などでは自分のコップが無くても紙コップが付いているので、すぐに飲むことができます。

ウォーターサーバーは家庭でも使っている人がいます。以前よりも水道水をそのまま飲むという人が減り、ミネラルウォーターを飲む人が増えました。

ただ、ミネラルウォーターを毎日飲もうとすると、スーパーなどで、大量にペットボトルを買わなければなりません。運ぶ際に非常に重く、運ぶのが楽ではありません。


さらに、ペットボトルのゴミが出ます。



ウォーターサーバーが家にあれば、そのようなことで困ることもありません。



ウォーターサーバのタンクは業者が家まで届けてくれます。
そのため、重いものを店から運ぶ必要がありません。

タンクは容量が大きく、空の容器は業者が引き取ってくれるため、ペットボトルのゴミであふれることもありません。

ゴミが減るので、地球環境にも優しいです。
ウォーターサーバーからは熱湯が出てくるので、コーヒーや紅茶を入れるときや、カップラーメンなどの調理の際にも使うことができます。

いちいちお湯を沸かすことをしなくても熱湯を使えます。
病院でもウォーターサーバーを置いて、待合室で患者が飲むことができるようにしているところもあります。


自販機を置くよりも電気代が安いので、経済的です。
一部のホテルには客室の中にウォーターサーバーを置いているところもあります。